結婚式の招待状の返信マナーとは

結婚

結婚式の招待状の返信マナーとは

結婚式には様々なマナーがありますが招待状一つを見ても意外と細かいことがあります。
結婚式というのは招待状で参列してくれるのかどうかの意思を問うことになります。
つまりは、招待状には返信用はがきがあるわけです。
これが現在の基本になります。
ちなみに大前提としていくのが礼儀です。
断る、ということはできないようになっていますから、注意しておきましょう。
招待状の差出人が新郎新婦のみならず家の名前でくることもあるほど、結婚式とはつながりを大事にする儀式、といえるでしょう。
返信はキチンと敬語的な言葉を使い、可能な限り早く返すこと、というのが普通になっています。
そして、なにか一言書き加えておくとさらによいことになるでしょう。
出席しないとしても何も言わない、というのは最悪ですから注意しておきましょう。
何しろ、披露宴の席次決めや料理や引き出物の数などを考えるための重要なデータになるのですから、相手としても早く返事が聞きたいわけです。

お知らせ

一覧