お色直しは回数よりも中座する時間がポイント

結婚

お色直しは回数よりも中座する時間がポイント

花嫁のお色直しが多いとほとんど披露宴の会場にいない時間多い、とゲストからは残念な結婚式というイメージがついてしまいます。
注目の点は、花嫁のお色直しの回数が不満ではなく、花嫁が会場にいないでゲストが花嫁と話ができなかったり、写真を一緒に撮れないなどの不満です。
回数が少なくても披露宴会場にいなくてはゲストの参列した満足度が減ってしまいます。
最近はお色直しがない披露宴も少なくなく、お色直しがないと花婿と花嫁が参列したゲストとゆっくりと話ができる時間があったりとアットホームな披露宴を作り上げることができます。
お色直しはしない方がよいということではありません。
最近のお色直しの回数は平均1回ですが、回数よりも中座する時間に注意します。
披露宴の主役となる花嫁が色々な衣装を着たいというドレスも少なくないですし、親や親族のリクエスト、ゲストなどお色直しをした方が喜ばれることもあります。
回数よりも花嫁がいない時間を短くすることがポイントです。

お知らせ

一覧